イソップ企画
背景グラフィック aesop_kikaku

つながり、持続する、
モノづくりプロジェクト

日本の「モノづくり」を通じ
作る人は働きがいを持ち、
購入した方は笑顔になる

良質な関係が(ZUTTO)
ずっと続くような社会を実現させるため
微力ながら、できることから始めよう
そんな思いから「ZUTTO project」は
立ち上がりました。


sustainable_actions

サスティナブルな社会へ
まずは、その一歩を踏み出します

ZUTTO projectは サスティナブル(持続可能)な社会を目指して少しずつ前に進みます。 昨今よく耳にする「SDGs」。SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連加盟国が合意する世界共通の目標です。 SDGsはグローバルな課題ですが、小さな企業や個人でも取り組めることがたくさんあります。ZUTTO projectではSDGsが掲げる目標の中から「できること」を模索し少しづつ実現していきます。

この「ZUTTO project」に賛画していただける方も募集しています。
一緒にZUTTO(ずっと)笑顔でいる関係になりませんか。

shirokuma

tegaki_challenge

はじめに

複数のベネフィットを得ることができ、繋がりが膨らむものはなにか。ZUTTO projectは今までの経験を生かし、スタートの活動として、障がい者福祉施設の方々と力を合わせてレザー商品の製作を行います。
ZUTTO projectでは「MADE IN JAPAN」にこだわり、異業種関係なく“作り手”も”商品を手にする方”も皆んなが笑顔になる魅力ある商品・サービスを続々と展開していていきます。


tegaki_challenge

クラウドファンディング、
絶賛開催中

紙袋のような超薄・軽さをレザーで実現した本革バッグをクラウドファンディングにて提案しています。
革の鞄とは一味違う携帯にも便利な本革バッグは、 目的に応じて特徴の違う2種類から選べます。 シンプルでジェンダーレスなデザインも特徴の一つ。 紙袋では味わえない本革の経年変化も楽しめるので、永く愛用できエコにもつながります。 障がい者福祉施設と力を合わせて作り上げる「MADE IN JAPAN」商品です。


紙袋のような超薄・軽量を本革で実現
携帯にも便利な本革バッグ


目的に応じて特徴の違う2種類から選べる
スタイルに合わせジェンダーレスで使える


障がい者福祉施設と力を合わせて作り上げる
「MADE IN JAPAN」商品

組み立ては、障がい者福祉施設の方々が
一つひとつ手作りで行います。

今まで多くの皮革製品を作ってきた経験から、このプロジェクトに参画していただいている障がい者福祉施設「シーズファクトリー」さん。 「MADE IN JAPAN」にこだわりながら、障がい者福祉施設と力を合わせて製作に取り組みます。


皆さまのご支援を
どうぞよろしくお願いいたします


sustainable_actions

クラウドファンディングに
応援いただいた方の芳名録

応援いただき、ありがとうございます


2021年 3月上旬 公開予定


※芳名録は「特典4」付きのリターン応援購入のみとなります。


facebook_icon
twitter_icon
instagram_icon
makuake_icon

ページ
トップへ